Designers Hack - デザイナーズハック

Web やアプリのデザイナーか「技術にしばられないでデザインを考えていく」コミュニティ。
月1回の定例MTGと年に数回のデザイン中心ハッカソンなどをしています。

トップ > 011ウォシュレット >

  

アナログ感覚なコントロールパネル

011ウォシュレット

2013.09.27

メンバー

和田浩一(@koichi)/竹澤ひさみ(@sashimi_03)/小笠原努(@ogaoga

内容

アナログ感覚なコントロールパネル

  • 既存の操作パネルのデザインを踏襲。
  • 上面に流し系、側面に洗い系。
  • 水圧は上下方向のスライダーにして、直感的な操作感。
    • 自動的に「弱」になり、次の人が驚かない親切設計。
  • ボタンにピクトグラムを採用して、ユニバーサルなデザインに。

アナログ感覚なコントロールパネル

  • 便座部分が可動式になっていて、狙ったところに微調整が可能。
    • なので、操作パネルにノズル位置調整はなし。
    • 前後だけでなく、左右方向の微調整も可能。

【講評】

おしり洗浄とビデの、水の出方がちがうことに目をつけ、そこにフォーカスした形のアイコンはおもしろい。
パッと見のボタンの数が少なく、機能としてもわかりやすいのではないかと思います。
また、アナログでの位置調整はかなり斬新。(つまり、前後の位置調整をリモコンで機械に調整させるのではなく、便座がちょっと浮いていて微妙に動かせることで、自分で好きな位置に調整できる)

水勢も、前の人が使っていたのが最大のまま使ってしまって、強すぎてびっくりしないように、1回ずつ自動的に弱に戻るというのはやさしい設計です。